ウェリントンタイプは顔の長さをカバーできる

面長さんは、顔の長さに強いコンプレックスを感じている人は多いものですよね。そんなコンプレックスをカバーするためには、ウェリントンタイプのメガネを選ぶことをおすすめします。そもそもウェリントンタイプというのは、正方形に近い大きめの四角形のフレームのメガネのことです。フレームの上下幅がかなり広いために、顔の長さをカバーできますよ。顔全体を短く見せる効果があるので、面長さんが感じやすいコンプレックスを解消できますよ。また、顔をより小さく見せたいという方は、なるべくボリューム感がある太めのフレームを選ぶと良いでしょう。顔の輪郭よりもフレームの方が目立つことから、顔がより一層引き締まった印象になります。

面長が選んではいけないメガネ

ウェリントンタイプのメガネは、面長の顔を小さく見せる効果があります。しかしながら、レンズの上部分だけがリムに覆われているハーフリムタイプのメガネは面長さんは避けた方がいいでしょう。というのも、ハーフリムタイプは目から下の長さがより強調されてしまうからです。つまり、顔の長さが際立ってしまうので避けた方がいいと言えます。その他にも、横に長い楕円であるオーバルタイプのメガネ、長方形のスクエアタイプのメガネも面長の人はやめた方がいいでしょう。これらのメガネも顔の長さを強調する性質があるので、コンプレックスをうまくカバーすることができません。メガネを購入する際は、必ず鏡の前で試着して自分の顔の輪郭と合っているか確認するといいですよ。

眼鏡は視力矯正が目的とされ使用されることが多いです。しかしその形にはオーバル、ボストン、スクエア、ウェリントン、ラウンドなどの形があり印象を変えたい時やアクセサリーの1つとしても使うことが出来ます。